歯科口腔外科


基本情報

当科の診療内容は一般歯科が中心ですが、患者さんの多くは、基礎疾患の治療のために他の診療科も受診されていますので、口腔領域と全身の健康状態の関連を念頭に置いて診療にあたっています。

診療内容

  • 服薬内容や基礎疾患の治療状況によっては、通常の歯科処置が難しい場合もあり、関係各科と連携しながら、適切で安全な歯科治療を行うように努めています。
  • 睡眠時無呼吸症候群の治療法のひとつにマウスピースがあり、呼吸器内科や耳鼻咽喉科での検査後に、紹介されるケースが増えています。
  • 歯科用金属や口腔内の感染病巣(進行したむし歯や歯槽膿漏)がアレルギー性疾患などの悪化要因と考えられる場合は、歯に痛みや不都合がなくても、積極的な原因除去が必要になることがあります。
  • 院内他職種連携としてNST(栄養サポートチーム)に参加しています。栄養状態の低下した患者さんを対象に口腔内に関わる分野を担当し、経口摂取による栄養改善が図れるようにチームの一員として取り組んでいます。
  • 入院患者さんの口腔ケアや入れ歯の修理、調整などでは、歯科衛生士が中心的な役割を担い、迅速かつ丁寧な対応を心がけています。

山賀雅裕 (歯科口腔外科部長)
高田晋子 歯科医師(木曜日外来、NST担当)
新潟大学歯学部う蝕学分野より出張医(月、火、水、金)

Please scrollPage top