形成外科

特色

開設は新潟県内では比較的早く、昭和56年にさかのぼります。
形成外科で取り扱われる疾患全般にわたって診療を行っています。
体表の生まれつきの変形や、外傷・熱傷・その後の変形を扱っています。
乳房再建・眼瞼下垂・腋臭症の治療も行っています。
Qスイッチ・ルビーレーザー治療も行っています。

外来診療

初診受付時間は午前8時~11時
初診時には、紹介状をお持ちになって来院されることが望ましいです。

外来診療担当

担当表はこちら

症例数・治療・成績

年間手術件数は約500例。入院手術件数が約150例、外来手術件数が約350例。
内訳は熱傷約25例、顔面骨折や顔面外傷が約60例、口唇口蓋裂・耳介・手足の奇形などの先天異常が約50例、母斑・血管腫などの皮膚良性腫瘍が約190例、悪性腫瘍切除後の再建は関連各科と連携して行っており約35例あります。

熱傷や外傷による瘢痕拘縮ケロイドは約50例、腋臭症や重瞼術などの美容外科手術が約30例。

褥瘡(床ずれ)や糖尿病・血管障害による手足の壊疽などが30例あります。

  • 最近では乳がん術後の乳房再建の症例も多くなっています。
  • 床ずれの治療も精力的に取り組んでいます。
  • 陥入爪の治療も行っています。
  • すべての治療方針について、患者さんと十分に話し合い、満足のいく結果が得られるよう努力しています。

上條 正 部長
渡辺 玲 医長

Please scrollPage top