神経内科

タイトル

神経内科では頭痛、めまい、しびれ、ふるえなどのさまざまな症状で受診されることが多く、特に最近では物忘れを訴え受診される患者さんが激増しています。
神経疾患全般(脳血管障害、認知症、パーキンソン病などの神経変性疾患、髄膜炎・脳炎、多発性硬化症や重症筋無力症などの神経免疫疾患、末梢神経障害、てんかん、頭痛など)を幅広く診療しています。できるだけ丁寧な診察・検査と説明を心がけており、地域の皆さまにより良質な医療を提供すべく努力をしています。
脳神経外科との合同カンファレンスを通してチーム医療を実践し、地域の先生方との病診連携・病病連携を強化し地域医療に貢献いたします。
医療の安全と質を維持するため、限られた医療資源の中で、できるだけ患者さん1人あたりの時間を割くようにしております。かかりつけ医の紹介状を持って受診してください。他科・他院が適切な方はそちらに紹介いたしますのでご理解とご協力をお願いいたします。

神経内科部長 大野 司
  日本神経学会専門医、指導医
  日本内科学会内科認定医
  日本リハビリテーション学会認定臨床医

神経内科部長 渡邊 浩之
  日本神経学会専門医、指導医
  日本内科学会総合内科専門医
  日本認知症学会専門医

神経内科医長 石川 正典
  日本神経学会専門医
  日本内科学会内科認定医

Please scrollPage top