セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは?

自らが、より良い決断をするために、主治医以外の専門的な知識を持った第三者に意見を聞くことです。
従来の“すべておまかせ”医療から、患者自身の判断への移行です。

セカンドオピニオンの目的

医師と患者が診療情報を共有し、相互の信頼関係を深め、治療効果を高めることです。

セカンドオピニオンの内容

  • 現在の診断・治療法に関する専門医としての意見。
  • 今後の治療法や見通しに関する専門医としての意見。
  • 他の治療法の可能性の確認。

セカンドオピニオンの利点

患者

  • 医療への主体的な参加が出来ます。
  • 自らの意志で診療方針を決定出来ます。

医師

  • 診療内容が第三者に評価されることで緊張感を持って診療が出来ます。
  • 患者とのより良い信頼関係の構築が出来ます。

セカンドオピニオンの方法

  • 主治医に対する申し出をします。
  • セカンドオピニオンに必要なもの。
    診療録の要約
    検査データ
    各種X-線写真など
  • 第二医への申し込みをします。

セカンドオピニオンには適さない相談

  • 主治医の説明不足に対する補足説明。
  • 主治医に対する苦情。
  • 治療の依頼。
  • 医療費に関する相談。
  • 主治医が同意していない場合。
  • 医療過誤・裁判係争中の相談。

当院でセカンドオピニオンをご希望の方

範囲
がんの診断及び治療について
対象疾患
脳腫瘍・乳がん・肺がん・食道がん・胃がん・胆のうがん・肝臓がん・大腸がん・直腸がん・子宮がん・卵巣がん・前立腺がん・膀胱がん・腎臓がん・精巣がん・尿路がん・血液腫瘍 他
実施方法
完全予約制・主治医からの情報提供(紹介)が必要となります。 ※家族だけが相談の場合、本人の同意が事前に必要です。
料金
原則、自由診療 1時間以内:10,800円(税込み) ※1時間を超えた場合は30分につき:5,400円(税込み)加算

予約及びお問い合わせ
電話 0258-35-3700(代表)まで

Please scrollPage top