皮膚科


基本情報

概要

皮膚の疾患を診療します。皮膚疾患は、全身症状と関連することも多々あり、その場合は、総合病院の特色を生かし、他科と連携を密にして、診療を行います。
外来は、月~金に診療します。
新患の患者は、午前中のみの受付です。予約の患者、紹介患者、重症の患者を優先するため、紹介状がない場合は、お待たせするかもしれません。
午後は、予約患者のみとなります。外来は、1日平均90名程です。また、午後に検査、手術、病棟往診、訪問看護、チーム医療を行います。
チーム医療は、①褥瘡対策チーム、 ②栄養対策サポートチームがあります。他科の医師、歯科医師、薬剤師、看護師、管理栄養士などの多職種と議論を行い、治療にあたります。

診療内容

  • アトピー性皮膚炎は、外用療法を中心に、保湿の必要性、手洗い、入浴法などの生活指導も行います。重症の患者には、紫外線療法、免疫抑制剤、生物学的製剤(‘18年4月から)の治療を行いなます。
  • 蕁麻疹、アナフィラキシーの患者の原因検索のため、各種アレルギー検査を行います。難治の蕁麻疹は、希望時に分子生物学的製剤を行います。
  • 爪(陥入爪など)、足(胼胝、鶏眼など)病変は、義肢装具士と連携して、フットケアを行います。必要時は、インソールの購入をすすめています。
  • 乾癬は、外用療法で改善なければ、紫外線療法、免疫抑制剤、分子生物学的製剤を併用します。紫外線の機器は、ナローバンドUVBと短時間で治療可能な高輝度ターゲット型エキシマライトが導入されています。
  • 原発性腋窩多汗症で、重症の場合は、ボトックス注射を行います。

主な対象疾患

  • アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎などの湿疹、皮膚炎
  • 蕁麻疹、薬疹、痤瘡、自己免疫水疱症、膠原病、血管炎、脱毛症
  • 蜂窩織炎等の細菌感染症、帯状疱疹等のウイルス感染症、白癬等の真菌感染症
  • 褥瘡、熱傷(必要時は形成外科と連携します。)
  • 良性腫瘍、悪性腫瘍、リンパ腫(必要時に新潟大学や県立がんセンターと病診連携を行います。)

皮膚科部長 和泉 純子
皮膚科部長 高橋 利幸
非常勤医師 坂本ふみ子

Please scrollPage top