放射線科

放射線科について

放射線科医の診療は放射線診断(画像診断)と放射線治療の2つからなります。

放射線診断医はX線写真やCTMRI、超音波検査(エコー)、核医学検査といった撮影で得られた人体の画像を診断(読影)しています。またIVR(画像誘導下で行う局所治療)も専門性の高い一分野です。
放射線診断医の仕事は広範囲にわたります。

画像診断は全身に対して行われるので全身各臓器の正常解剖や疾患についての知識を持っていることが前提で、かつそれらがどのように画像に表れるかを知っている必要があります。知りたいことに最適化した撮影方法やプロトコールを撮影者に指示するのも重要な業務です。放射線被ばくの安全性や適正化および防護に関する知識、撮影に用いられる造影剤の働きや副作用の知識も必須です。言うまでもなく画像診断は現在の医療において重要なポジションを担っており医療の質を左右する大切なものですから、一般にはあまり知られていないものの放射線診断医が病院で果たす役割は大きいのです。
当院では十分なトレーニングを受けた放射線診断専門医2名が、残る2名の若手放射線診断医を指導しつつ、一緒になってその任務を果たしています。

放射線治療医は放射線を用いてがんの治療をします。病変部のみを制御治療する方法として近年注目度の高い診療です。
新潟大学から医師を週4回招き、最新の知見をもとにした放射線治療を行っています。

臨床研修において放射線科での研修は必須ではありませんが、当院では臨床研修医の多くが放射線科で研修しています。放射線科診療に対する注目度がわかっていただけると思います。

なお放射線科には他にも診療放射線技師、医学物理士、看護師、事務職員が所属しており、放射線科医はこれらメンバーのサポートの元で診療を行っています。

概要

放射線科の診療は「放射線診断(画像診断)」と「放射線治療」に分かれており、それぞれを別の専門医師が担当しています。

当院の放射線診断医(画像診断医)は主として当院で撮影されたほぼ全てのCTMRI、核医学検査の画像診断(読影)を行っています。正確かつスピーディーに読影することを大事にしており、各科での診療がスムーズに進むよう協力しております。重要な所見が見つかったときには画像検査を依頼した医師にすぐ連絡するなど、見落としと呼ばれるようなことが起きないようにも十分に配慮しています。 

IVRは主として外傷などに対する血管造影下での緊急止血など一部のみを放射線診断医が行っています。 

当院併設の中央健診センターで撮影された放射線画像はドック、健診ともに放射線診断専門医がすべての読影を担当しています。また当施設の検診車で撮影されたものも同様にすべてが放射線診断専門医の読影です。 

病診連携といって、近隣の医師からの依頼によって画像検査を行い、診断報告書を作成しお返しする診療も行っています。

2017年度実績 

撮影(一般診療)

一般撮影

CT

MRI

RI

血管造影

造影透視

骨塩測定

マンモグラフィ

49455

26760

6298

1233

768

1311

967

1867

 放射線治療

放射線治療

282

 ドック・健診

胸部

マンモグラフィ

胃透視

10859

3610

7523

 検診車

胸部

マンモグラフィ

胃透視

4328

3520

6910 

 

スタッフ紹介

放射線科

部長

佐藤 敏輝

専門領域 画像診断
認定資格等 医学博士
放射線診断専門医・指導医
消化器がん検診認定医・指導医
人間ドック専門医・指導医
CT肺がん検診認定医
検診マンモグラフィ読影認定医
核医学専門医
PET核医学認定医
第一種放射線取扱主任者
第一種作業環境測定士(放射性物質)
第二種ME技術者
労働衛生コンサルタント(保健衛生)
日本がん検診診断学会評議員
出身大学・卒年 新潟大学・S57
放射線科

部長

山本 哲史

専門領域 画像診断
認定資格等 放射線診断専門医・指導医
検診マンモグラフィ読影認定医
核医学専門医
PET核医学認定医
出身大学・卒年 新潟大学・H5
放射線科

医員

山田 美佳

専門領域 画像診断
出身大学・卒年 新潟大学・H26
放射線科

医員

冨永 理喜

専門領域 画像診断
出身大学・卒年 新潟大学・H27

Please scrollPage top